ファッションにお金をかけてるのにダサい3つの理由

image

こんにちは、ファッション個別指導スタイリスト 神山 裕輔です。

 

街を歩いていたり電車に乗っていると、見かけます。

とても服装に気を配っているのに、なんだかあまり印象のよくない人。

ファッションを磨くために自己投資することは、僕もおすすめしています。

しかし、なぜお金をかけているのに素敵に見えないのでしょうか?

その理由について考えてみました。

 

 

 

原因その1: ファッションをやり過ぎている

 

image

ジャケットを着て、シャツにハットをかぶってみたり、そこからサングラスをしてみたり、先の尖った靴を履いてみたり。

なんだか近寄りがたいオーラを出している方を見かけます。とても話しかけにくいですよね。

おしゃれをすること=着飾ることになってしまっているタイプです。

 

私も経験がありますが、ファッションがある程度わかるようになると、どうしても服装を盛りがちにしてしまいます。

アレを着てこれも着て、アクセサリーはこれをつけて…。

気づいたら、いかにもキザで近寄りがたいファッションの完成です。

ファッションはあくまでも「服主体ではなく、その人の人柄が際立つ自然な格好」が理想だと考えます。

洋服のせいで近寄りがたいオーラが出たり、服ばかり目立っていては本末転倒です。

何よりお金をかけているのに逆効果なのはもったいないですよね。

 

何事もやり過ぎは逆効果です。

引き算の発想でいらないものは省いていきましょう。

例えば、30代以降の男性であればアクセサリーは時計だけでもいいでしょう。

大人は変に飾らずに、上質なものをシンプルに着ることが、さっぱりしていていいのかなと思います。

 

 

 

原因その2: 年齢とファッションが合っていない

 

image

休日のショッピングモールや街中で見かけます。

中学生のようなファッションのお父さん。

20代前半向けの服を着ている40代以上のお姉さま。

年齢による外見の変化に気づくことができないタイプです。

 

いつもブログで書いていますが、30代に突入すると外見が変わってきます。

年齢の変化を自分で感じ取ることが重要です。

服装もそれに応じた変化をしていかないと、顔とファッションが合っていないチグハグな印象になってしまいます。

(PCやスマホも何年かおきに買い換えないと、パフォーマンスが下がってしまうのと似ていますね)

 

よほど見た目が若くない限りは、学生が買うような洋服でおしゃれをしても、素敵に見せるのは難しいと思います。

私は20代の頃、ポップなイラストが描かれたプリントTシャツが大好きでよく着ていました。

30代にさしかかったある日、それを着て鏡を見ると、なんだか顔が老けたように映ったんですね。

それ以降、なんだかしっくりこなくなり、プリントTを着ることはなくなりました。

今ではプリントTを1枚も持っていません。(プリントTがいけないわけではありません)

「最近、今までの服装がなんかしっくりこない」

この感覚は非常に大事です。

少しでもそれを感じたのであれば、それがあなたのファッションの変え時かもしれません。

自分の変化に敏感になって、ファッションのマイナーチェンジをしていきましょう。

 

 

 

原因その3: 単品おしゃれ思想& 機能性おしゃれ思考

 

image

このブランドの時計をしておけばおしゃれ。

ハイブランドの財布と鞄を持てばおしゃれ。

このアウターは撥水機能と速乾性が優れているからおしゃれ。

「これを持っておけばおしゃれだろう」「高機能だからおしゃれだろう」というタイプです。

特に男性に多く見受けられます。

ファッションは単品では完成しません。

素敵な時計や鞄を持っても、それだけではおしゃれにはなりません。

撥水機能や防寒機能も大事ですが、素敵かどうかとは無関係です。

 

木だけを見るのではなく森全体を見渡す。

そんな感覚がファッションには必要です。

全体のバランスを取ることに関しては、男性よりも女性の方が優れた感覚を持っています。

バランスという面で、女性に考えを聞いてみるのも良いと思います。

 

質の良さも大事ですが、ファッションはコーディネートありきのものです。

例えば、ユニクロでも素敵に見えてしまう人の共通点は、自分の似合うものを知っていることと、コーディネート能力が優れていることです。

アイテムやブランドネームのみに頼らないで、「このアイテムはどう見えるのか」「どれが自分らしいのか」と試着を通して経験を重ねていく。

そんな「ファッションの素振り練習」が身を結ぶ時が来るでしょう。

 

 

以上、ファッションにお金をかけているけれど素敵に見えない3つの理由をまとめてみました。

 

どういった原因があるにせよ、ファッションには知識と客観性がとても重要です。

パーソナルスタイリストとして仕事をしている自分でさえ、第三者に自分がどう映っているのかを確認することもあります。

それだけ自分で自分のことを見るのは難しいということです。

でも、難しく考える必要はありません。

人に聞けばいいだけですから。

パートナー、友人、店員さん、私たちのような個人向けスタイリスト…。

時にはこんな先生たちに力を借りながら、ファッションを楽しんでいけば大丈夫です。

ぜひ、素敵な大人ファッションを目指して、日々の洋服選びを楽しんでください!

パーソナルスタイリスト 神山 裕輔

人生を豊かにするファッション&ウェブマガジン × note

 

ブログではお伝えしきれない濃厚なファッションノウハウや、思考法をウェブマガジン形式でお伝えします。

ウェブマガジン「Lusso styling × note」はこちらへ

1万人が学ぶメンズファッション解説動画

   

おしゃれを磨きたい30代以降の男性向けに、動画でファッションノウハウ解説やおすすめアイテム紹介をする動画です。おかげさまで1万人以上の方にご登録いただいています。

  Youtube動画「Lusso styling TV」はこちらへ    

ビジネスで婚活で成果を出すコーディネートサービス

 

ファッション相談を行い、スタイリスト同伴でショッピングに行き、1日でファッションを変える買い物同行スタイリングサービスです。ファッションが苦手、今まで見た目に無関心だった経営者、フリーランスの方や婚活中の男性にご利用いただいています。

  スタイリングサービスの詳細を見る    
The following two tabs change content below.
神山 裕輔

神山 裕輔

服装コーディネーター。Lusso styling 代表 メディア出演:TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」 取材:小学館@DIME 執筆活動:日本最大オンラインファッション学習サイト「メンズファッションスクール(MFS)」常勤ライター セミナー実績: 株式会社大丸松坂屋百貨店、静岡県内製造業、長野県長野市(婚活ファッション講座)他。 Youtubeのファッション解説動画「Lusso styling TV」のチャンネル登録者は1万人を超える。 静岡県出身。
コーディネートサービス紹介動画「ベーシックコースのスタイリング風景」(クリックすると動画に移動します)

関連記事

  1. ダサい ファッション

スタイリング風景を動画にしました!

PAGE TOP