ファッションセンスが良い人はここにこだわっている

image

こんにちは!

Lusso styling スタイリスト 神山 裕輔です。

センスが良い人。

何か特別なファッションをしているわけでもないのに、なんだか素敵に見える人。

特別ではないのに素敵に見えるのはなぜなのか?

今日はセンスが良い人は、どういったことに気を使っているのか考えてみたいと思います。

 

 

 

センスが良い人はここにこだわっている

 

センスが良い人は、「微差」にこだわっています。

人と明らかに違う個性的なファッションをするよりも、ベーシックなファッションの中に細かなこだわりを持っているんですね。

 

例えば、スーツを着るにもセンスの良い人は

「人と違う個性的なスーツを着てやろう」

とは思いません。

それが「おしゃれのやり過ぎ」になることを知っているからです。

 

センスの良い人は、「多くのビジネスマンが黒いスーツを着ているから、自分はネイビー(紺色)やグレーを着てみよう」

という発想をします。

大きな差にはなりませんが、周りが黒一色なのでネイビーやグレーを着るだけでも差別化になります。

 

「派手な柄を着て周りと差別化しよう」

とは思わずに、

「スーツのパンツの裾は皆シングルで履いているから、自分はダブルにしてみよう」

と、大半の人があまり気にかけないちょっとした差にこだわります。

(きれいめなスーツの裾をダブルという裾を折る”カジュアル要素”を入れることでおしゃれに見えやすくなります)

image

ちょっとした差が大きな差。

会社の仕事で例えると、色を使って人目をひく派手な資料を作るのではなく、シンプルだけど大事なポイントに太字や下線を入れて「見やすい資料」を作る感覚でしょうか。

料理で例えるなら、煮魚の臭みを取るためにショウガを入れる。(入れないで作ると少々臭みが残るかもしれません)

…例えが下手ですみません笑。

 

ブランドや柄、色にこだわるのも良いと思います。

でも、わかりやすい差別化をするよりも、一見他の人にはわかりにくそうな微差にこだわってみる。

その小さなこだわりがいくつも集まって、「さりげない大きなこだわり」となり、「センスの良さ」につながってくるのだと考えています。

 

「サイズ感」にこだわってみたり、「洋服の質」をちょっと背伸びしてみたりするのもいいと思います。

ぜひ、さりげない差別化でセンスを磨いてみてはいかがでしょうか?

それでは今日も良い1日をお過ごしください!

パーソナルスタイリスト 神山 裕輔

 

たった4時間であなたが変わる。スタイリングを詳細はこちら!

 

人生を豊かにするファッション&ウェブマガジン × note

 

ブログではお伝えしきれない濃厚なファッションノウハウや、思考法をウェブマガジン形式でお伝えします。

ウェブマガジン「Lusso styling × note」はこちらへ

1万人が学ぶメンズファッション解説動画

   

おしゃれを磨きたい30代以降の男性向けに、動画でファッションノウハウ解説やおすすめアイテム紹介をする動画です。おかげさまで1万人以上の方にご登録いただいています。

  Youtube動画「Lusso styling TV」はこちらへ    

ビジネスで婚活で成果を出すコーディネートサービス

 

ファッション相談を行い、スタイリスト同伴でショッピングに行き、1日でファッションを変える買い物同行スタイリングサービスです。ファッションが苦手、今まで見た目に無関心だった経営者、フリーランスの方や婚活中の男性にご利用いただいています。

  スタイリングサービスの詳細を見る    
The following two tabs change content below.
ユウスケコウヤマ

ユウスケコウヤマ

服装コーディネーター。Lusso styling 代表 メディア出演:TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」 取材:小学館@DIME 執筆活動:日本最大オンラインファッション学習サイト「メンズファッションスクール(MFS)」常勤ライター セミナー実績: 株式会社大丸松坂屋百貨店、静岡県内製造業、長野県長野市(婚活ファッション講座)他。 Youtubeのファッション解説動画「Lusso styling TV」のチャンネル登録者は1万人を超える。 静岡県出身。
コーディネートサービス紹介動画「ベーシックコースのスタイリング風景」(クリックすると動画に移動します)

関連記事

スタイリング風景を動画にしました!

PAGE TOP