デキる起業家や経営者の「ファッション」の考え方とは?

image

こんにちは!

Lusso styling スタイリスト 神山 裕輔です。

「ファッション」というと、どんなイメージを持っていますか?

「着飾ること」

「軟派な男がすること」

「自分には関係のないこと」

ファッションに対して色々な考え方があると思います。

私は、起業家や経営者等ビジネスマンにとって

「ファッションはビジネスの一部」

なのではないかと考えています。

 

 

 

デキるビジネスマンの「ファッション」に対する考え方とは?

 

ビジネスを軌道に乗せている方には、ファッションの力を上手に利用している方も多くいます。

ビジネスマンにとって、仕事をする上で最も大事なことは「信用」です。

特に、会社に属していない個人事業主の方は、「会社が持つ信用」がありません。

(会社員であれば、「◯◯株式会社の◯◯です」と名乗れば会社の信用があるので信用してもらえます。)

 

例えば、自営を始めた人がいるとします。

もちろん最初は、信用も実績もゼロです。

相手にされないことも多いと思います。

そんな「信用がない人」をお客様が

「この人を少し信用して任せてみようかな」と思わせるにはどうしたらいいのでしょう。

 

プレゼン力や人間的な魅力がたっぷりであれば、信頼してくれるかもしれません。

しかし、全員がそんなスキルを持っているわけではありません。

その道のプロとして、スタイリッシュに外見を整えて相手に期待感を与えること大事なのかなと思うんですね。

 

経営者も同様のことが言えるのではないでしょうか。

同じ内容のプレゼンをするにも、なんだか野暮ったいファッションの経営者と、ビシッときまったファッションの経営者では、説得力が違います。

 

私はビジネスセミナーに参加することがありますが、仕事が軌道にのっている方はたいていファッションをきちんと整えています。

「私がその道のプロです、任せてください」というイメージを見た目から作り上げているんですね。

「ファッション」を仕事の一部と捉えてみる。

 

だからこそ信頼を勝ち得てきた要素も必ずあるはずです。

 

 

 

ファッションを整えるとこんなメリットが

 

image

名刺交換、営業、面談、プレゼン…

ビジネスの様々な局面で「初対面」というシチュエーションがあります。

たいていの人が同じようなファッションで横並びな中、ファッションを整えることでお客様から覚えてもらえるようになります。

 

「なんかこの人は違うぞ」と良い印象を残すことができるんですね。

人は仕事を依頼する際、印象が残らなかったところより印象が良かった(もしくは印象に残った)ところにお願いします。

 

仕事内容やサービスで差別化するということももちろん大事です。

しかし、その前に「会社の顔(ご自身)の差別化」ができると、よりスムーズにビジネスが進む。

ビジネスにおいて、外見を整えて悪いことはないのかなと考えています。

無名であればあるほど、「外見のブランディング」が必要なんですね。

 

 

 

それっぽく見せる重要性とは?

 

「その道のプロ」っぽく見せることは、ビジネスを軌道に乗せるために重要だと考えています。

例えば、経営者であれば「企業のトップらしい貫禄のあるスーツの着こなし」(その方のキャラクターにもよりますが)

士業やコンサルタントであれば、「信頼感やクリエイティブ感のあるファッション。」

「あれ、この人企業のトップなの?」

「この人、こんな感じでコンサルタントなの?」という外見では、やはり信頼は得られにくいんですね。

 

私は、個人向けスタイリストとしての仕事を始めたばかりの頃、とてもシンプルなファッションをしていました。

なぜなら、派手な格好よりもシンプルな格好の方が人柄も見えやすく印象が良いと考えていたからです。

しかし、それが裏目に出たのか、私の見た目はスタイリストには見えず交流会に行っても「あっ、スタイリストなんだ?」と驚かれてしまうことも。

こんな状況で仕事を依頼してくれずはずもないですよね。

 

この経験を反省して、今は派手にならない程度に少々主張するファッションをするようになりました。

なぜなら、その方が「スタイリストっぽく」見えるからです。

 

 

 

ファッションで「自分ブランディング」する時代へ

 

image

ファッションを整える必要があるのは、自営の方や経営者に限ったことではありません。

会社員も同じです。

仕事をきっちりやることは大前提ですが、ファッションを整えることで社内外から期待感を持ってもらえます。

「自分の見せ方を知る」

「自分の外見をブランディングしながら仕事をしていく」

 

これからの時代、こういったスタイルも効率的に仕事を進めるのに大切なのかなと思います。

ファッションを趣味や娯楽と考えずに、仕事の一部として考えてみる。

ファッションとうまく付き合っていければ、人生においてさらなる飛躍ができる可能性が高まります。

ぜひ、一度「自分の外見ブランディング」について考えてみてはいかがでしょうか。

きっと、ビジネス進展への力となってくれるでしょう。

 

パーソナルスタイリスト 神山 裕輔

 

たった4時間であなたが変わる。ファッションブランディング詳細はこちら!

 

人生を豊かにするファッション&ウェブマガジン × note

 

ブログではお伝えしきれない濃厚なファッションノウハウや、思考法をウェブマガジン形式でお伝えします。

ウェブマガジン「Lusso styling × note」はこちらへ

1万人が学ぶメンズファッション解説動画

   

おしゃれを磨きたい30代以降の男性向けに、動画でファッションノウハウ解説やおすすめアイテム紹介をする動画です。おかげさまで1万人以上の方にご登録いただいています。

  Youtube動画「Lusso styling TV」はこちらへ    

ビジネスで婚活で成果を出すコーディネートサービス

 

ファッション相談を行い、スタイリスト同伴でショッピングに行き、1日でファッションを変える買い物同行スタイリングサービスです。ファッションが苦手、今まで見た目に無関心だった経営者、フリーランスの方や婚活中の男性にご利用いただいています。

  スタイリングサービスの詳細を見る    
The following two tabs change content below.
神山 裕輔

神山 裕輔

服装コーディネーター。Lusso styling 代表 メディア出演:TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」 取材:小学館@DIME 執筆活動:日本最大オンラインファッション学習サイト「メンズファッションスクール(MFS)」常勤ライター セミナー実績: 株式会社大丸松坂屋百貨店、静岡県内製造業、長野県長野市(婚活ファッション講座)他。 Youtubeのファッション解説動画「Lusso styling TV」のチャンネル登録者は1万人を超える。 静岡県出身。
コーディネートサービス紹介動画「ベーシックコースのスタイリング風景」(クリックすると動画に移動します)

関連記事

  1. ビジネスマナー

スタイリング風景を動画にしました!

PAGE TOP