誰よりもわかりやすいジャケパン着こなしルール


こんにちは!

Lusso styling スタイリスト 神山 裕輔です。

「ジャケパン」という言葉を聞いたことがありますか?

立ち位置としてはスーツとカジュアルの中間に位置するファッション。

近年ではクールビズの影響もあり、ジャケパンを取り入れるビジネスマンも増えてきました。また、上手に着こなせばとても洗練されたイメージを与えることができるので、経営者やコンサルタントなどでも取り入れる方が増えています。

 

この「ジャケパンスタイル」を上手に取り入れられるようになると、ビジネスだけではなく、休日のファッション(婚活でもok)にも応用をきかせることができるんですね。

(ちなみに私も仕事で人に会う際はジャケパンスタイルが1番多いです)

 

しかしジャケパンは、ジャケットとパンツの色が違ったり、少し難しいイメージがあるようです。

センスがないと難しいようなイメージがありますが、実はジャケパンもある一定の「ルール」が存在します。

ルールを知らないままに、自己流でジャケパンを組み立てると、どうしても威厳を欠いてしまったり、軽薄なファッションになってしまう方をたくさん見かけます。

 

「ある一定のルール」に従えば、「洗練された信頼感のあるジャケパンファッション」を演出できるのです。

今日は「きちんと見える」ことを念頭に置いた、私なりのジャケパンのルール(基本)をお伝えしたいと思います。

 

 

ジャケパンは基本の紺(ネイビー)ジャケット+グレースラックスパターンを取り入れてみる

 

image

http://blog.nanouniverse.jp/onlinestorestaff/archives/6983

まずは何事も基本から。ビジネスカジュアル(ジャケパン)の定番パターンである

紺ジャケット+グレーのスラックス

こちらを取り入れてみましょう。

ジャケットはスーツのジャケットを使うのは基本NGです。

なぜならビジネスカジュアルで使うジャケットは、スーツのものとは素材やサイズ感、肩パットの有無などが異なるからです。スーツショップやセレクトショップなどに置いてある、ジャケット単品で販売しているものを選びましょう。

色は紺(ネイビー)が合わせやすく、いろいろなパンツを合わせられます。

濃いめの紺色が使いやすいですが、春夏であれば少々明るめの紺色でもすっきり見えます。

堅実なイメージで着たいのなら、濃いめ。少しくだけたイメージを出したいのであれば、明るめという選び方でもいいと思います。

 

スラックスの色は、ミディアムグレー(チャコールグレーとライトグレーの中間の色)が一番汎用性が高いのでおすすめです。

グレーの色が濃いほど落ち着いたイメージになり、薄くなれば軽快な雰囲気が出ます。春夏は薄め、秋冬は濃いめという選び方もいいでしょう。

ここ数年は「クラシック回帰」というトレンドで、ピタピタに細いパンツよりは、細身のながらも少しゆとりのあるシルエットが定番になってきています。それにより、プリーツ(タック)の入ったパンツも増えているので、そういったものを選んでもいいでしょう。

裾は極力ためないように裾上げをして、すっきりとした印象にするとスタイリッシュな印象に。スーツの時よりもわずかに短めの丈の方がバランスが良く見えます。

img_0897

店員さんに「裾はシングルとダブル、どちらになさいますか?」と聞かれますが、どちらでも大丈夫です。

個人的には、ダブルの人が少ない分差別化ができおしゃれに見えやすいので、ダブルをおすすめすることが多いです。

image

大人のファッションは、人と明らかに違う洋服を着てしまうと派手に見えたりすることもあり難しい側面があります。

それよりも定番の服装をいかに細部までこだわってきちんと着るか。これがさりげなく品良くファッションを演出するポイントです。

と、まとめに入りかけましたが笑、続いてはシャツの選び方にいきましょう^^

 

 

ジャケパンのシャツはボタンや襟に装飾のないものが1番エレガント

 

img_2852

量販店でよく見かける、襟が二重になっていたりカラフルなステッチが入っているもの。

ボタンやボタンホールに色がついているもの。

これらはどちらかというと若造りに見えてしまうので、30代以降の大人が着るには相応しくありません。

img_3057

上の写真のような装飾のないシンプルなものを選べば、大人っぽく着こなせます。わかりやすいおしゃれさよりも、仕立てや素材の良さ、サイズにこだわって選んだ方がエレガントさを演出できるのです。

色は信頼感第一でかしこまった雰囲気にしたい場合は、白無地か薄いブルーの無地。

ジャケパンで華やかさを演出したい場合は、ギンガムチェックやストライプのシャツでも良いでしょう。

細かい話ですが、襟の形はネクタイ前提であればセミワイドカラーかワイドカラー、ノータイであれば、ワイドカラーかボタンダウンを選ぶと襟元がきちんときまります。(襟の形の見分けがつきにくい場合は、店員さんに相談するといいでしょう)

 

また、サイズに関しても必ず店員さんに首回りや腕の長さを測ってもらい試着をして決めましょう。

(袖が長すぎたり、首が空きすぎたり、身幅が余りすぎるとルーズに見えます)

「シャツなんてジャケットを着てれば大して見えないし」と考えがちです。実は、襟のシルエットや素材感、サイズが見栄えにとても影響します。

サイズに関しても、大きめで着てしまうとルーズに見えます。たかがシャツ、されどシャツということで、必ず体に合ったものを選ぶと良いでしょう。

既製品のシャツでなかなか身体にフィットしたものが見つからない場合は、オーダーシャツをおすすめします。

 

 

ジャケパンのネクタイはジャケットと〇〇を合わせるのが吉

 

suits shop

ネクタイというと、どうしても色や柄に目が行きがちです。それも大事ですが、大半の人が気にかけていない「素材」の重要性についてお伝えします。

ジャケパンでもスーツでも同じですが、「ネクタイとジャケットの素材感を合わせる」と一歩進んだ着こなしができます。

例えば、秋冬用の起毛したマットな光沢のジャケットに、光沢のあるネクタイを合わせるとどうしても少々チグハグな印象になります。逆に光沢のあるスーツにざっくり素材の起毛したウールタイをしても、少々統一感にかけてしまうんですね。

それに対して、上の写真の左のグレーのジャケットのコーディネートを見てみると、ジャケット、ネクタイ共に起毛素材で合わせています。これにより非常に統一感のある着こなしができるんですね。

 

できる限り、手持ちのジャケットの素材や光沢感と合ったネクタイ選びをすると良いでしょう。ジャケパンで使うジャケットは、スーツの上着に比べて素材がざっくりしていて光沢も控えめなものが多いので(もちろん全てがそうではありません)、スーツ用とは別に揃えてもいいかもしれません。

また、ネクタイをしない場合は胸元が寂しくなってしまうのでポケットチーフをおすすめします。

fullsizerender-2

リネン素材に白無地のものや、写真のようなシルクの柄ものを入れるとワンポイントができ適度に華やかさが演出できます。

スーツやジャケパンにおいて、ネクタイは思いのほか重要なパーツです。ネクタイを外すだけでもコーディネートのバランスが大きく崩れます。そのバランスを補うのがポケットチーフであるのです。

ポケットチーフを入れたことがないと、最初はなんとなく気恥ずかしく感じるものです。1日経てば慣れてくるので、ポケットチーフも臆せずチャレンジしてみると新たな発見があるでしょう。

 

 

革靴はビジネスではカジュアルにし過ぎないのが鉄則

 

image

http://u-note.me/note/47503512

非常に多いのが、仕事用のジャケパンで明るい茶色の靴を履いている方。

合わせ的に間違いではありませんが、ビジネスにおいて明るい茶色の靴はどうしても軽薄な印象になりがちです。(もちろん絶対にNGではありません)

仕事の際はスーツの時と同様に、黒や濃いめの茶色(焦げ茶や明るすぎない茶色)を選ぶとしっかり見えます。

image

ジャケパンは、スーツよりもカジュアルなファッションです。

スーツでは合わせにくい靴、例えば、ローファーなども合わせることができます。TPOに応じてチャレンジしてみるのもありですね。紐靴はもちろん、写真のようなベルトタイプの靴(モンクストラップ)も相性が良いのでおすすめです。

 

革靴は流行り廃りも少なく、手入れをすれば長く使えます。

決して安い買い物ではありませんが、35,000円以上のものを購入すると、革質が良く作りも堅牢な傾向になるのでおすすめです。

(35,000円は昔、老舗革靴店で販売をしていた中で見極めた良い革靴の入り口ラインです)

革靴はスーツ本体以上に投資してもいいと思います。

 

img_0059

今までお伝えしたことを実践していただくと、こんな感じのジャケパンスタイルが完成します。ルールに則れば、簡単にこんなジャケパンスタイルができます。一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

休日ファッションでジャケパンを取り入れる場合

 

ジャケパンの型が理解できると休日のファッションにも応用が利きます。

例えば、先述の基本の「紺ジャケット+グレースラックス」スタイルを起点に考えてみましょう。

休日にジャケットにスラックス、革靴ではさすがにかしこまりすぎですよね。そこで、シャツをTシャツやニットに、スラックスをデニム、革靴をスニーカーにしてみる。

これだけで休日の大人カジュアルファッションが完成します。

image

https://jooy.jp/3194(こんな感じ、程よくおしゃれで素敵ですね)

上のファッションで、例えばホテルに食事行くのであればスニーカーではなくローファーにすればきちんと感が出ます。もっとラフにしたいということなら、白デニムを少し色落ちしたブルーデニムにすればラフな雰囲気が出ます。

ジャケパンの型がわかるようになると、会う人やシチュエーションによって服装を調整できるようになるんですね。

ビジネス、休日共に一気にファッションの幅が広がるので、ジャケパンスタイルを積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

それではまたお会いしましょう!

※ジャケパンスタイルの基本的なコーディネート方法や揃えるべきアイテムについて動画で解説しました。ジャケパンの基礎がわかる内容になっていますので、ぜひご覧ください^^↓

人生を豊かにするファッション&ウェブマガジン × note

 

ブログではお伝えしきれない濃厚なファッションノウハウや、思考法をウェブマガジン形式でお伝えします。

ウェブマガジン「Lusso styling × note」はこちらへ

1万人が学ぶメンズファッション解説動画

   

おしゃれを磨きたい30代以降の男性向けに、動画でファッションノウハウ解説やおすすめアイテム紹介をする動画です。おかげさまで1万人以上の方にご登録いただいています。

  Youtube動画「Lusso styling TV」はこちらへ    

ビジネスで婚活で成果を出すコーディネートサービス

 

ファッション相談を行い、スタイリスト同伴でショッピングに行き、1日でファッションを変える買い物同行スタイリングサービスです。ファッションが苦手、今まで見た目に無関心だった経営者、フリーランスの方や婚活中の男性にご利用いただいています。

  スタイリングサービスの詳細を見る    
The following two tabs change content below.
神山 裕輔

神山 裕輔

服装コーディネーター。Lusso styling 代表 メディア出演:TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」 取材:小学館@DIME 執筆活動:日本最大オンラインファッション学習サイト「メンズファッションスクール(MFS)」常勤ライター セミナー実績: 株式会社大丸松坂屋百貨店、静岡県内製造業、長野県長野市(婚活ファッション講座)他。 Youtubeのファッション解説動画「Lusso styling TV」のチャンネル登録者は1万人を超える。 静岡県出身。
コーディネートサービス紹介動画「ベーシックコースのスタイリング風景」(クリックすると動画に移動します)

関連記事

スタイリング風景を動画にしました!

PAGE TOP