他人と差がつくブルージーンズの選び方のコツ3点

こんにちは!

ファッションの個別指導Lusso styling 神山 裕輔です。

皆さんはブルーのジーンズ(デニム)を持っていますか?適度に色落ちした「加工デニム」と言われているものです。広く出回っているので、持っている方は非常に多いでしょう。

私も、ブルージーンズを愛用していて、これを「大人が必ず持っておくべきパンツ」だと考えています。なぜなら、ジャケットを含めたきれいなファッションから、Tシャツなどラフな着こなしまで幅広く対応できるからです。

でも、一方ではそのまま履いても野暮ったくなりやすいアイテムでもあります。なぜなら、ジーンズの色落ち感が野暮ったさを醸し出すからです。

大人っぽく幅広く着こなせるけど野暮ったく見える…どっちなんだよ笑。

という声が聞こえてきそうなので、今日は野暮ったくなりにくいブルージーンズの選び方のポイントについて解説します。

 

 

他と差をつけれるブルージーンズの選び方

 

①すそ幅が細めのものを選ぶ

②色落ちが激しくない(さりげない)ものを選ぶ

③ダメージ加工や華美なデザインのものは選ばない

この3点を念頭に置いてジーンズを選んでいただくと、大人っぽさを演出できるでしょう。

まず、すそ幅が広いものだと、どうしてもおしゃれな雰囲気を作るのが難しくなります。すそ幅が細いものを選ぶことで、きちんと感を演出できるのです。ぴったりした履き心地が嫌な方は、太ももがゆったりしているけれど裾に向かって細くなる「テーパードシルエット」のものを選べば快適に履けるでしょう。

色落ちに関しては、学生が履いているようなハードな色落ちものは、30代以降の大人にとっては少々ハードルが高いものです。さりげなく品のある色落ちものを選ぶと野暮ったくなりにくいです。

大手のセレクトショップにおいてあるヨーロッパブランドのジーンズや、ユニクロのジーンズの加工感はさりげないものが多いので参考にしていただくといいでしょう。

ダメージ加工やジーンズにデザインが入っているものもありますが、これらも基本は避けた方がいいでしょう。ダメージジーンズは、ファッションが大好きで服装による見え方を自由に調節できる人なら履きこなせるのですが、基本ハードルが高いものです。

ジップや派手なポケット、華美なデザインの入ったものもどうしても幼く見えがちです。必要最小限のシンプルなジーンズが1番大人っぽく見えます。

 

多くの人が履いているブルージーンズですが、この3つを心がけるだけでも周りと差をつけた大人っぽい履き方ができます。

ぜひ、チャレンジしてみてください^^

それではまたお会いしましょう!

服装コーディネート スタイリスト 神山 裕輔

 

たった4時間であなたが変わる。ファッションブランディング詳細はこちら!

 

人生を豊かにするファッション&ウェブマガジン × note

 

ブログではお伝えしきれない濃厚なファッションノウハウや、思考法をウェブマガジン形式でお伝えします。

ウェブマガジン「Lusso styling × note」はこちらへ

1万人が学ぶメンズファッション解説動画

   

おしゃれを磨きたい30代以降の男性向けに、動画でファッションノウハウ解説やおすすめアイテム紹介をする動画です。おかげさまで1万人以上の方にご登録いただいています。

  Youtube動画「Lusso styling TV」はこちらへ    

ビジネスで婚活で成果を出すコーディネートサービス

 

ファッション相談を行い、スタイリスト同伴でショッピングに行き、1日でファッションを変える買い物同行スタイリングサービスです。ファッションが苦手、今まで見た目に無関心だった経営者、フリーランスの方や婚活中の男性にご利用いただいています。

  スタイリングサービスの詳細を見る    
The following two tabs change content below.
神山 裕輔

神山 裕輔

服装コーディネーター。Lusso styling 代表 メディア出演:TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」 取材:小学館@DIME 執筆活動:日本最大オンラインファッション学習サイト「メンズファッションスクール(MFS)」常勤ライター セミナー実績: 株式会社大丸松坂屋百貨店、静岡県内製造業、長野県長野市(婚活ファッション講座)他。 Youtubeのファッション解説動画「Lusso styling TV」のチャンネル登録者は1万人を超える。 静岡県出身。
コーディネートサービス紹介動画「ベーシックコースのスタイリング風景」(クリックすると動画に移動します)

関連記事

スタイリング風景を動画にしました!

PAGE TOP