おしゃれの近道は「捨てること」の理由、教えます

こんにちは!

ファッションの個別指導Lusso styling 神山 裕輔です。

上の画像の写真、たくさんの洋服ですね^^;

私は、スタイリングをお申し込みいただいた方に必ずお聞きすることがあります。それは「洋服を何着持っているか」です。

おしゃれで素敵に見せるために必要なことといえば、ファッションセンスを磨くことと思いがちです。もちろんそれも必要なのですが、磨く前にやっておくことがあります。

今日はそんな「おしゃれになる準備」について書いていきます。

 

 

おしゃれになるためには「捨てる」こと

 

おしゃれになるために大事なこと。それは「捨てること」です。なぜなら、たくさんの洋服は大人がさりげないおしゃれをするためには必要ないからです。

お客さまのお話を聞いていると「洋服を私の何倍も持っている」もしくは「ほぼ持っていない」こんな方が多いです。ほぼ持っていない方には、今から必要最小限に揃えるものをお伝えすればいいのですが、たくさん持っている方には、洋服の数を絞ることをおすすめしています。

週2回のお休みでたくさんある洋服は全て1軍選手で着れていますか?

どれも袖を通すと気持ちが高まってわくわくする洋服ですか?

そのファッションで人から褒められることはありますか?

 

ものを長く大事に扱うことは素敵なことですが、ファッション(洋服)には賞味期限があります。シンプルに見えるようなジャケットやシャツ、パンツでも時代によって少しずつ形が変わっていきます。

大げさな例ですが、今の時代にバブル時代の肩パッドが分厚くゆったりしたジャケットを着ても正直かっこよくないですよね。

また、ヨレヨレだったり毛玉だらけになったものは、清潔感を出すのが難しくなります。

清潔感を失ったしまったもの、賞味期限が着れてしまったものは潔く処分する。これをして、必要なアイテムを新たに取り入れるだけでもだいぶ見た目は変わってきます。

洋服の賞味期限は、アイテムにもよるので一概には言えませんが、おおよそ3年から5年くらいと考えるといいでしょう。

たくさん洋服を持っていればおしゃれ。これは今の時代にはあまりマッチしない考えなのかなと思います。

シンプルなジャケット、シャツ、ジーンズ、革靴、スニーカー。30代以降の大人がさりげなく素敵なファッションをするには、そんなに多くのものは必要ありません。

 

買う前に、洋服に整理。その後に、限られた数の洋服を、できる限り質や着心地を重視して丁寧に選んでみてください。

センスを磨くよりも大事なことです。

それではまたお会いしましょう!

服装コーディネート スタイリスト 神山 裕輔

 

たった4時間であなたが変わる。ファッションブランディング詳細はこちら!

 

人生を豊かにするファッション&ウェブマガジン × note

 

ブログではお伝えしきれない濃厚なファッションノウハウや、思考法をウェブマガジン形式でお伝えします。

ウェブマガジン「Lusso styling × note」はこちらへ

1万人が学ぶメンズファッション解説動画

   

おしゃれを磨きたい30代以降の男性向けに、動画でファッションノウハウ解説やおすすめアイテム紹介をする動画です。おかげさまで1万人以上の方にご登録いただいています。

  Youtube動画「Lusso styling TV」はこちらへ    

ビジネスで婚活で成果を出すコーディネートサービス

 

ファッション相談を行い、スタイリスト同伴でショッピングに行き、1日でファッションを変える買い物同行スタイリングサービスです。ファッションが苦手、今まで見た目に無関心だった経営者、フリーランスの方や婚活中の男性にご利用いただいています。

  スタイリングサービスの詳細を見る    
The following two tabs change content below.
神山 裕輔

神山 裕輔

服装コーディネーター。Lusso styling 代表 メディア出演:TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」 取材:小学館@DIME 執筆活動:日本最大オンラインファッション学習サイト「メンズファッションスクール(MFS)」常勤ライター セミナー実績: 株式会社大丸松坂屋百貨店、静岡県内製造業、長野県長野市(婚活ファッション講座)他。 Youtubeのファッション解説動画「Lusso styling TV」のチャンネル登録者は1万人を超える。 静岡県出身。
コーディネートサービス紹介動画「ベーシックコースのスタイリング風景」(クリックすると動画に移動します)

関連記事

スタイリング風景を動画にしました!

PAGE TOP