元革靴屋が教える失敗しない革靴選び【保存版】

 

こんにちは!

ファッションの個別指導Lusso styling 神山 裕輔です。

皆さんはビジネスで革靴を履いていますか?

靴は全体からすれば見える面積は少なく、大しておしゃれには影響しないと考える方も多いと思います。一方では「おしゃれは足元から」という言葉があるように、見える面積は少なかろうと非常に大事なパーツなんだという考え方もあります。

僕は革靴に関して「できるればお金をかけた方が素敵に見えやすいパーツである」という考え方をしています。革靴は価格と質がある程度比例するので、上質な靴を履けばスーツやジャケットスタイルを格上げして見せてくれます。

ただ、それがあらゆる人にわかるかというと、それはノーです。ファッションにそこまで関心がなければ、正直なところ2万円の靴と10万円の靴の違いはわからないでしょう。

でも、それがわかる人もいる。例えば、経営者や士業の方であれば、上質な靴を履いている方も少なくありません。

靴に投資していれば、「きちんとしたものを身につけているな」というプラスの印象を与えられます。それと大事なのが、「投資して上質なものを身につけることによる自信や気分の高まり」です。

素敵な靴を履いて背筋が伸びて、気分が高まるのもビジネスにおいては非常に大切なことではないでしょうか。

では、実際にどんな革靴を選べばいいのかについて今日は解説していきます。

 

上質な革靴のボーダーラインとは?

 

僕は過去に革靴業界にいたので色々な価格帯の革靴を見てきました。数千円の革靴から数万円のものまで色々な価格帯の革靴を見る中で、大まかではありますが「質の良い革靴の価格ボーダーライン」を発見したのです。

それは「おおよそ3万円代中盤」 これ以上の価格になると革の質が上質になり、作りも堅牢になる傾向があります。いつも1,2万円代の革靴を購入しているのであれば、少し奮発して3,4万円くらいのものを選べば、ワンランク質の良い革靴が手に入ります。

それと「お金をかけた方が心理的にものを大事に扱う」という傾向もあります。

革靴の販売をしていた時代に色々なお客様を接客してきましたが、革靴にあまり投資しない方はどうしても革靴を大事に扱わない傾向がありました。(もちろん全てではありませんが) あまり磨かれていなく履きジワが激しくつき、ヒールがすり減って、内側の素材もところどころ破れている。そんな方が多かったのを記憶しています。

それに対し会社役員のお客様などは、革靴に投資する方も多く、いつもきちんと靴が磨かれていて大事に履かれている傾向がありました。

革靴は洋服のような流行り廃りは少ないので、数年後に古臭くなって着れなくなってしまったということがあまりありません。定番のデザインのものであれば、流行を気にせず長く履けるので投資する価値はあるでしょう。(もちろん手入れすることが前提ですが)

 

革靴はどこで購入するのがいいのか?

 

革靴を購入する際は、革靴の専門店や百貨店の革靴売り場で購入することをおすすめします。なぜなら、これらのお店であれば革靴に精通したスタッフがいる可能性が高いからです。

自分の足に合っていて、用途に合ったものを選ぶことは簡単ではありません。

ジャストサイズとはどれくらいのフィット感なのか?

靴の手入れ方法は?

自分のファッションにその靴がマッチするのか?

こういったことがクリアにならなければ、自分にあった靴は選べません。せっかく投資したのに足に合わない、手持ちのスーツに合わないではもったいないですからね。

そういった不安を十分相談できるプロのレクチャーを受けながら選んだ方が圧倒的に安心です。

では、安価なスニーカー量販店やアウトレットではどうでしょうか?これらの店舗は、(全てとは言いませんが)革靴に精通したスタッフが専門店に比べると多くはありません。アウトレットのような忙しい店舗であれば、必ずしも1人のお客様を丁寧に接客できないのです。

革靴に詳しくないのであれば、そういったリスキーな環境で靴選びをするのはこわいですよね。革靴は専門店か百貨店であれば、安心でしょう。

 

革靴のサイズ選びする時の注意点

 

日本人は「大は小を兼ねる」という考えや脱ぎ履きが多いライフスタイルゆえに、革靴を大きめで履く方が非常に多いです。

革靴は履いていけばある程度革が柔らかくなります。

「グッドイヤーウェルト製法」という製法の靴であれば、徐々に底が体重で沈み込むので結果的に購入時よりも大きめのサイズになります。

足が痛くなるのを恐れ最初から大きめで選んでしまうと、履きこむごとにさらにブカブカになってしまうのであまりおすすめできません。

(足が靴の中で動いてしまい歩きにくい上に、運動量が多くなり余計に汗が出るので臭くなりやすいというデータもあります)

なるべく足にぴったりサイズを選ぶことをおすすめします。革靴を履き慣れていないと、ジャストサイズは少々きつめに感じますが、その辺は店員さんと相談しつつジャストサイズを選ぶのかサイズをワンサイズあげるのか決めるといいでしょう。

多少のサイズ調整は、靴下の厚さ調整、中敷き、幅伸ばしの機械にかけるなどで対処可能です。

 

どんなデザインの革靴を買えばいいのか?

 

革靴にも色々なデザインがあります。使用する用途に応じて選ぶといいでしょう。

革靴のフォーマル度/カジュアル度をざっくり説明すると、

・紐がある方がフォーマル度が高く紐がない方はカジュアル度が高い

内羽根式はフォーマル度が高く外羽根式はカジュアル度が高い

・色は黒の方がフォーマル度が高く、茶色になるほどカジュアル度が高い

と覚えておくといいでしょう。

ストレートチップ【画像元】http://ciao-bruno.com/business/journal/news/3555/

例えば、ビジネスでスーツを着用する時に履くのであれば、ストレートチップやプレーントウなどの「紐付きの革靴」が失敗が少ないでしょう。営業等で脱ぎ履きが多いということであれば、モンクストラップというベルトタイプの革靴もおすすめです。

左: ローファー  右:タッセルローファー

また、スーツよりカジュアルなジャケパンスタイル(紺ジャケットにグレーのスラックスなど)に合う革靴であれば、ローファーやタッセルローファー、Uチップなど比較的カジュアルな靴を選んでもいいでしょう。最近流行っているコットン素材のスーツを着る際も、こういった革靴がマッチします。

↑カジュアルな服装にマッチするスエード素材の革靴

ラフな私服に使いたいということであれば、ローファーやプレーントウで素材はスエード素材のものがおすすめです。スエード素材は通常の革よりも、リラックス感がありラフな洋服とのなじみもいいのです。

色に関しては「黒、もしくはこげ茶」を選べば大きく失敗することは少ないでしょう。この2色であればスーツスタイル、ジャケパン、私服、いずれにも幅広くハマります。

また、街を歩いていると明るい茶色(ライトブラウン)の革靴を履いている方をよく見かけます。明るい茶色は、特にスーツの場合足元が浮いて見えてしまい、軽薄なイメージにも見えやすいので、個人的にはあまりおすすめしません。

 

革靴の底について

 

革靴の底材は大きく分けて「ゴム底」と「革底」があります。

一般的にゴム底は、耐摩耗性が高い、滑りにくいというメリットがある反面、通気性が革底に比べると良くないというデメリットがあります。

革底は、足なじみが良く通気性も良いですが、滑りやすく底材も削れやすい、底のケアも必要というデメリットがあります。

どちらが良くどちらが悪いということは一概に言えないので、ご自身のライフスタイル(使用用途)に合わせて選ぶのがいいでしょう。

個人的には革底の歩き心地が好きなのですが、滑りやすい(特に雨の日にツルツルのタイルの上は非常に危険)ということ。加えて、底が削れやすいアスファルトだらけの日本の路面ということを考えると、ゴム底が賢明な選択なのかなと感じています。

 

革靴おすすめブランドについて

 

まず、3万円台の予算であれば、リーガル、スコッチグレイン、ジャランスリワヤ、大手セレクトショップのオリジナル商品(ビームスやバーニーズNYなどがリリースしているもの)をおすすめします。このくらいの価格帯でも、手入れをしてローテーションしながら履けば5年10年と長きにわたって履ける靴があります。

いつも1,2万円台の革靴を選んでいるようであれば、少し奮発して3万円台後半のものを選んでみてはいかがでしょうか?

4万円から6万円くらいの予算であれば、ユニオンインペリアル、シェットランドフォックス、山陽山長など国産ブランドのものがコストパフォーマンスが高いです。単に作りだけを見れば、10万円近いの海外ブランドよりも丁寧な作りの革靴も少なくありません。

また「ダブルエイチ」という日本のファッションディレクター干場義雅さんが監修しているブランドもおすすめです。このブランドは革靴独特のカタイはき心地が一切ありません。スニーカーのようなはき心地なので、外回りする方などにはぴったりです。

 

それ以上の価格帯の靴も素敵なブランドが多々あります。とにかくきちんとした靴が履きたい、経営者や士業などご自身でビジネスを起こしている方であれば、高価格帯の革靴を選んでみてはいかがでしょうか?

(個人的には、4〜6万円くらいの革靴でも十分良い革靴だと感じているので、あまりにマニアックに追求しすぎなくてもいいという考えです。)

ちなみに私は、クロケット&ジョーンズやチーニーの靴を好んで履いています。

 

革靴選び まとめ

 

いかがでしたか?

ここまでお読みいただければ、ある程度革靴を選ぶ上での予備知識がついたと思います。

あとは、実際に店舗に行って色々なタイプの革靴を試着してみる。わからないこと、不安なことは革靴のプロに質問することを心がければ、素敵な革靴に出会える可能性が高まるでしょう。その過程で失敗することもあるかもしれませんが、それも勉強代として割り切れると次につながります。

素敵な革靴が見つかることを応援しています!

それでは、またお会いしましょう!

服装コーディネートスタイリスト 神山 裕輔

人生を豊かにするファッション&ウェブマガジン × note

 

ブログではお伝えしきれない濃厚なファッションノウハウや、思考法をウェブマガジン形式でお伝えします。

ウェブマガジン「Lusso styling × note」はこちらへ

1万人が学ぶメンズファッション解説動画

   

おしゃれを磨きたい30代以降の男性向けに、動画でファッションノウハウ解説やおすすめアイテム紹介をする動画です。おかげさまで1万人以上の方にご登録いただいています。

  Youtube動画「Lusso styling TV」はこちらへ    

ビジネスで婚活で成果を出すコーディネートサービス

 

ファッション相談を行い、スタイリスト同伴でショッピングに行き、1日でファッションを変える買い物同行スタイリングサービスです。ファッションが苦手、今まで見た目に無関心だった経営者、フリーランスの方や婚活中の男性にご利用いただいています。

  スタイリングサービスの詳細を見る    
The following two tabs change content below.
神山 裕輔

神山 裕輔

服装コーディネーター。Lusso styling 代表 メディア出演:TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」 取材:小学館@DIME 執筆活動:日本最大オンラインファッション学習サイト「メンズファッションスクール(MFS)」常勤ライター セミナー実績: 株式会社大丸松坂屋百貨店、静岡県内製造業、長野県長野市(婚活ファッション講座)他。 Youtubeのファッション解説動画「Lusso styling TV」のチャンネル登録者は1万人を超える。 静岡県出身。
コーディネートサービス紹介動画「ベーシックコースのスタイリング風景」(クリックすると動画に移動します)

関連記事

スタイリング風景を動画にしました!

PAGE TOP