経営者 スーツ

おしゃれな人がネクタイのディンプルを入れる理由とは?

こんにちは!

ファッションの個別指導Lusso styling 神山 裕輔です。

さて、クールビズ期間も終わり、街中を歩いていてもスーツにネクタイを締める人が増えてきました。(とは言っても年中ノータイの方もだいぶ増えたので、全体的には多くはありませんが)

ビジネスウェアのカジュアル化が進みネクタイを締めなくてもよい時代になりました。

それでもあえてネクタイをする。

ビジネスにおいてきちんとした印象を与えやすいと考えています。なぜなら、ノータイの人が増えたからこそ、きちんとネクタイをすることで差別化ができるからです。スーツにノータイというのはなかなか着こなしとして難しく、どうしても物足りない印象になっている方が多いですね。

ネクタイをする際に、「ディンプル」をつくってタイをしていますか?ディンプルというのは、ネクタイをする際に結び目の下につくる「くぼみ」のことを言います。

ネクタイ ディンプル

おしゃれな方、服装で相手を心地よくしたいと考えている方は、このディンプルを作っている方が多いですね。

スーツスタイルは、「皆ジャケット、シャツ、ネクタイ、スラックス、革靴」という決められたスタイルゆえに人との違いが出しにくいという特徴があります。

だからこそ、ネクタイにディンプルを入れるか入れないか。

ちょっとしたことが着こなしの差となってあらわれるのです。

 

具体的なネクタイのくぼみの入れ方

 

上の動画をご覧ください。

ディンプルを入れるからと言って、結び方が難しくなるわけではありません。ポイントは、締めて整えていく際にひと手間加えるだけです。数回練習すればすぐにできると思います。

くぼみを入れることで、胸元に適度なアクセントや華やかさが生まれます。派手なネクタイをするよりも、シンプルなタイでくぼみを入れる方がさりげなくおしゃれに見えます。

体に合ったスーツやシャツを着る。

ネクタイにディンプルを入れる。

きちんと磨かれた革靴を履く。

背筋をピンと伸ばして颯爽と歩く。

スーツスタイルはルールに従って着れば、決して難しいものではありません。

微差は大差ということで、ネクタイの結び方もひと手間加えてみてはいかがでしょうか?

それではまたお会いしましょう!

服装コーディネーター 神山 裕輔

人生を豊かにするファッション&ウェブマガジン × note

 

ブログではお伝えしきれない濃厚なファッションノウハウや、思考法をウェブマガジン形式でお伝えします。

ウェブマガジン「Lusso styling × note」はこちらへ

1万人が学ぶメンズファッション解説動画

   

おしゃれを磨きたい30代以降の男性向けに、動画でファッションノウハウ解説やおすすめアイテム紹介をする動画です。おかげさまで1万人以上の方にご登録いただいています。

  Youtube動画「Lusso styling TV」はこちらへ    

ビジネスで婚活で成果を出すコーディネートサービス

 

ファッション相談を行い、スタイリスト同伴でショッピングに行き、1日でファッションを変える買い物同行スタイリングサービスです。ファッションが苦手、今まで見た目に無関心だった経営者、フリーランスの方や婚活中の男性にご利用いただいています。

  スタイリングサービスの詳細を見る    
The following two tabs change content below.
神山 裕輔

神山 裕輔

服装コーディネーター。Lusso styling 代表 メディア出演:TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」 取材:小学館@DIME 執筆活動:日本最大オンラインファッション学習サイト「メンズファッションスクール(MFS)」常勤ライター セミナー実績: 株式会社大丸松坂屋百貨店、静岡県内製造業、長野県長野市(婚活ファッション講座)他。 Youtubeのファッション解説動画「Lusso styling TV」のチャンネル登録者は1万人を超える。 静岡県出身。
コーディネートサービス紹介動画「ベーシックコースのスタイリング風景」(クリックすると動画に移動します)

関連記事

  1. 経営者 服装
  2. 名刺交換

スタイリング風景を動画にしました!

PAGE TOP