ジャケットに革靴を履いた時の靴下の色は?

こんにちは!

ファッションの個別指導Lusso styling 神山 裕輔です。

かなり寒くなってきましたね。私はできる限り年中くるぶしを出したファッションをするのですが、寒さに負け(笑)最近は長い靴下を履いています。

ジャケパンスタイルで履く靴下の色について、たまに質問をいただくことがあります。今日は、ジャケットに革靴を合わせた場合の靴下の色について解説していきます。

 

ジャケパンスタイルの靴下の色は?

 

上の写真は私がデニムを履いたカジュアルなジャケパンスタイルの時に撮影したものです。この場合は、ブラウンの革靴の色に準じてブラウンの靴下を合わせています。

基本の考えとして「靴下の色は革靴、もしくはパンツの色に準ずる」と覚えておくといいでしょう。

デニムを履くようなカジュアル度の高いジャケパンの場合はあまり律儀に色を合わせたりせずに、少し色味をずらしたり、柄を取り入れたり、自由に楽しんでいいと思います。私であればデニムと革靴の場合、黒の革靴の時はネイビーやグレー系(カジュアルで靴下が真っ黒だと少々退屈なため)、茶靴の場合はブラウンにすることが多いですね。

靴下 色

上の写真のようにビジネスライクなジャケパンでグレーのスラックスに合わせた場合は、黒とネイビーのヘリンボーン柄の靴下を合わせました。(着用後に撮影したのでつま先にキズが入ってしまっています…反省)

スラックスの色に準じてグレー系の靴下でもいいですね。私だったら、スラックスの色よりも少し濃いめのグレーを選びます。黒靴なのにブラウンの靴下を合わせるのは、少々統一感がなくなるので避けた方がいいかと思います。

まとめると、スーツやビジネス寄りのジャケパンの場合は、パンツか革靴の色に準ずる。デニムを使ったカジュアルなジャケパンの場合は、ルールは頭の片隅に置きながらも自由に楽しむ。

こんな具合がいいでしょう。

ちなみに、さらにカジュアルな服装でかつスニーカーを履くような時は、もっと自由に楽しんでいます。コーディネートの差し色として鮮やかな赤やオレンジ、ブルーやグリーンを履くこともあります。靴下は見える面積が少ないので、少々派手でも意外となじむことも多いからです。

靴下は良いものを購入してもそう高いことはありません。(1足1000円から1500円くらいで十分良い靴下が購入できます)色々なタイプのものを買ってみて、どんな風に見えるのかチャレンジするのもいいでしょう。

参考にしていただければ幸いです!

それでは、またお会いしましょう!

人生を豊かにするファッション&ウェブマガジン × note

 

ブログではお伝えしきれない濃厚なファッションノウハウや、思考法をウェブマガジン形式でお伝えします。

ウェブマガジン「Lusso styling × note」はこちらへ

1万人が学ぶメンズファッション解説動画

   

おしゃれを磨きたい30代以降の男性向けに、動画でファッションノウハウ解説やおすすめアイテム紹介をする動画です。おかげさまで1万人以上の方にご登録いただいています。

  Youtube動画「Lusso styling TV」はこちらへ    

ビジネスで婚活で成果を出すコーディネートサービス

 

ファッション相談を行い、スタイリスト同伴でショッピングに行き、1日でファッションを変える買い物同行スタイリングサービスです。ファッションが苦手、今まで見た目に無関心だった経営者、フリーランスの方や婚活中の男性にご利用いただいています。

  スタイリングサービスの詳細を見る    
The following two tabs change content below.
神山 裕輔

神山 裕輔

服装コーディネーター。Lusso styling 代表 メディア出演:TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」 取材:小学館@DIME 執筆活動:日本最大オンラインファッション学習サイト「メンズファッションスクール(MFS)」常勤ライター セミナー実績: 株式会社大丸松坂屋百貨店、静岡県内製造業、長野県長野市(婚活ファッション講座)他。 Youtubeのファッション解説動画「Lusso styling TV」のチャンネル登録者は1万人を超える。 静岡県出身。
コーディネートサービス紹介動画「ベーシックコースのスタイリング風景」(クリックすると動画に移動します)

関連記事

  1. スーツ 選び方

スタイリング風景を動画にしました!

PAGE TOP