ダサい ファッション

気づいたら自分のファッションがダサくなっている時代?

ダサい ファッションこんにちは!

ファッションの個別指導Lusso styling 神山 裕輔です。

さて、まだまだ寒い日は続きますが、少しずつ春の訪れを感じる季節になってきました。まだ少々早いかもしれませんが、クローゼットの衣替えを考え始めてもいい時期ですね。

今日は、「洋服を数年おきに入れ替えたい理由」についてお話ししようかなと思います。

日本で販売されている洋服はなかなか丈夫なもので、その気になれば5年でも10年でも着れてしまうようなものも少なくありません。このブログをお読みいいただいている方の中にも、かなり昔に購入した洋服を大事に着ていらっしゃる方も多いと思います。ものを長く大事に扱うことは、とても素晴らしいことだと思います。

でも、ファッションでくせ者なのが「流行がある」ということなんです。昔から大事に着ていた洋服が、知らぬ間に古臭くなってお世辞にもカッコいいとは言えなくなっていた。実はこんなことも少なくありません。

極端な例ですが、今の時代にバブル時代の洋服を見ると「古臭くて今見るとダサいなー」と感じませんか?(見る世代によっては逆に斬新さを感じるかもしれませんが…)それと同じようなことが、今の時代にも「ゆるやか」に起きているんです。

いつの時代も一見定番のように見えているスーツ、時代によってシルエットが変化しています。

いつでも同じように見えるスラックスやジーンズ、ジャケットやコートも、時代によって変化をしているのです。

もちろん、流行に振り回される必要はありませんし、スルーしてもいい流行もあるでしょう。

ただ、今の時代は「これが流行だ!」というはっきりとした流行がないために、ゆるやかにじんわりと流行が移り変わり、洋服が古臭くなったことさえも気づきにくい側面もあります。「おおよそ3年〜5年」おきに一度、クローゼットの洋服の整理を行うことをおすすめします。

一見定番ものだと思えるような洋服も、いつも間にか野暮ったく見えるようになってくることもあります。大事に着ていた洋服も、よく見たら毛玉が多くなっていたり、色あせや生地の劣化が進み、清潔に着れなくなっていることもあります。

パソコンやスマホをアップデートさせるように、私たちの見た目を司る洋服も時代に応じてアップデートさせていく。私たちの見た目も年齢に応じて変わっていくのだから、それに応じて洋服も変わっていくのが自然な流れだと思うのです。

こんなことが、いつまでもフレッシュでダンディーな男性であるために大事なのかなと考えるこの頃です。

それではまたお会いしましょう!

人生を豊かにするファッション&ウェブマガジン × note

 

ブログではお伝えしきれない濃厚なファッションノウハウや、思考法をウェブマガジン形式でお伝えします。

ウェブマガジン「Lusso styling × note」はこちらへ

1万人が学ぶメンズファッション解説動画

   

おしゃれを磨きたい30代以降の男性向けに、動画でファッションノウハウ解説やおすすめアイテム紹介をする動画です。おかげさまで1万人以上の方にご登録いただいています。

  Youtube動画「Lusso styling TV」はこちらへ    

ビジネスで婚活で成果を出すコーディネートサービス

 

ファッション相談を行い、スタイリスト同伴でショッピングに行き、1日でファッションを変える買い物同行スタイリングサービスです。ファッションが苦手、今まで見た目に無関心だった経営者、フリーランスの方や婚活中の男性にご利用いただいています。

  スタイリングサービスの詳細を見る    
The following two tabs change content below.
神山 裕輔

神山 裕輔

服装コーディネーター。Lusso styling 代表 メディア出演:TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」 取材:小学館@DIME 執筆活動:日本最大オンラインファッション学習サイト「メンズファッションスクール(MFS)」常勤ライター セミナー実績: 株式会社大丸松坂屋百貨店、静岡県内製造業、長野県長野市(婚活ファッション講座)他。 Youtubeのファッション解説動画「Lusso styling TV」のチャンネル登録者は1万人を超える。 静岡県出身。
コーディネートサービス紹介動画「ベーシックコースのスタイリング風景」(クリックすると動画に移動します)

関連記事

スタイリング風景を動画にしました!

PAGE TOP